スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みょうがの甘酢漬け、

みょうがの甘酢漬け
みょうがの甘酢漬け、挑戦してみました。

子供の頃、庭の片隅に生い茂っていて、夏になるとモサモサに伸びた葉の根元に育ったみょうがが
夕食に上っていた事を思い出します。

母の定番はスライスしたみょうがに鰹節&しょうゆを和えるシンプルなもの。
当時の私はまだ大人の味が分からず、もっぱら父の箸休めになっていました。

大人になって、この香りの美味しさに気づいたものの、
夏だけで終わりなんてもったいない!って事から甘酢漬けを思いついた次第です。

このみょうが、日持ちするそうなので、ちびちび楽しみたいと思います。
保存食作りが好きな割りに、そこから発展しなくて、そのまま食べきってしまうので、
いろんな料理に応用してみたいなーなんて、企んどります。

■みょうがの甘酢漬け
【材料】
みょうが
A 酢
  砂糖
  塩
  はちみつ
300g(大きいの20個くらい)
100cc
大2
小2
大1
【作り方】
① みょうがを縦に半分に切る。
② 保存瓶にAの材料を混ぜておく。
③ 沸騰したお湯にみょうがを入れ、30秒くらいゆがく。
④ みょうがの水を切って、熱いうちに②の酢に漬ける。

※ 30分くらいで色づき始め、食べられます。

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

鯛づくしな夜。

真鯛 ヒツジくんがピッチピチの鯛に恋をしてしまいました。

とても立派で、そのままでは蒸し器にもグリルにも
入らない大きさ!
お店で3枚におろしてもらって、
今日は鯛づくしにすることにしました。

1品目はヒツジくん作、鯛の塩焼き。
イメージはこんなのだったのですが、レモンが添えられ、
思わぬ方向にorz

2品目は蒸し鯛のイタリアンソース。
思いつき料理だけど、私的には今日一番のヒットあ
蒸した鯛に、オリーブオイルで炒めたニンニクとトマトetcをじゅわっとかけるだけ。
ゴージャスだし、ホームパーティでも使えそう^^

3品目は、定番の鯛めし。
ホントはまるっと一匹入れるんだけど、頭だけ。
ちゃーーんと鯛のおいしさがしみだしてて、
これぞ”和”、ですよ。ほっとする味でした。

鯛ってのは、いい仕事しますねぇ。
さすがに、食べすぎでしばらくは食べなくてもいーかも(笑)
↓鯛の塩焼き
鯛の塩焼き
↓蒸し鯛のイタリアンソース
蒸し鯛のイタリアンソース
↓鯛めし
鯛めし

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

意外と本格!麻婆豆腐。

意外と本格麻婆豆腐

ヒツジ家は豚肉厳禁なので、市販のルーとか、インスタント食品もオチオチ買えません。
原材料を見てみると、便利なものには、必ずといっていいほど、動物性スープが入ってるんですね。
今まで、この旨み成分に頼って生きてきた私には、
市販品を買わない=食べない、って選択肢しかなかったんです。

でも、よく考えたら、家で作ればいーんですよね。
いまさらながら、気づきますたε-(。_。;)ノ
そりゃー、中には作れないものだってあるし、
作ったって、ソコソコのお味にしかならないものもあるさ、きっと。

で、比較的うまくできそうな麻婆豆腐からやってみました。
我ながら、いい出来栄え!
これなら、リピレシピに昇格です。

ヒツジ君は、どこで食べたのか、中華料理が嫌いなご様子。
だめもとで、サイドメニューとして出してみたら
「ピラウ(ゴハン)があったらおいしいね」ですって。

それは麻婆丼ではないか!
嫌いなワリには、ナイス発想!だいぶ日本人になってきたな、オヌシ。

食べ切れなかった分は、麻婆丼にリメイクして、
中華=おいしいってコトを覚えこませようっっと。

■本格麻婆豆腐
【材料】 4人分
豆腐
にんにく
しょうが
ひき肉
長ネギ
ごま油

1丁
1片
1片
50g
10cm
大1

豆板醤
甜麺醤
塩こしょう
鶏ガラスープ
しょうゆ
水溶き片栗粉
花椒粉
大2/3
大2/3
塩→小1
250cc
大1
適宜


【準備】
にんにく・しょうが・ねぎはみじん切りにしておく。
【作り方】
① ごま油で、にんにく・しょうがを弱火で炒め、香りがたったら豆板醤を加え、馴染ませる。
② ひき肉を加えて炒め、甜麺醤・塩こしょうを加え、さらに炒める。
③ 鶏ガラスープ・しょうゆを加えて、混ぜたら豆腐を加えて沸騰するまで過熱する。
④ ねぎのみじん切りを加えて、ひと煮立ちしたら、水溶き片栗をを加えて、とろみをつける。
⑤ 器に盛り、花椒粉をちらす。

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

基本の?鯵のなめろう。

cyurika亭のホームパーティで食べて以来、ずぅっと頭のすみっこに残っていた「なめろう」。
8ヶ月も経ってしまいましたが、GWを使って、挑戦してみました。

鯵のなめろう
お初、なので、基本のレシピで作りたかったのですが、「朝鮮風」とか「我が家の」とか、
求めているものとは、なんだか違う。
「普通のなめろうってなんだ?」って考えはじめると、余計にわからなくなってきました。

要は、粘り気がでるまで包丁でたたく、これが特徴のようです。
出来上がりは上々で、私的には「白いごはんが欲しい~」!!
(ウチはパンが基本なので、今日はゴハンを用意してませんでした><)

ヒツジくん的には、NGだったようで、箸が進まず。
ちぇーー。

私一人では食べ切れなかったので、翌日、つみれ汁にしておいしくいただきました。

■鯵のなめろう
【材料】2人分

長ネギ
しょうが
味噌
しその葉
1尾
10cm
1かけ
大1
2枚
【作り方】 ① 鯵は3枚におろして、中骨を取り、包丁で粘り気が出るまで切るようにたたく。
② みじん切りにした生姜、長ねぎ、シソの葉と味噌を加えて軽くたたく。(混ぜる)

以上!

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

こっくり簡単★スペアリブのマーマレード煮

スペアリブのマーマレード煮
先日のホームパーティで作ったメインです。
有給消化中で時間があったので、前日から下味つけたり、贅沢に時間をつかいました。
思った以上にこっくり出来上りました。
もう少しオレンジが強く出てもいいかと・・でもこれ以上マーマレードを入れると甘くなるし!
今度はマーマレードとオレンジジュースを半々で作ってみようかしら。
「ソフィーな気分」のSophieさんは、オレンジジュースで作って美味しかったって言ってたし!

いや、でも充分に美味しいんですよ、自分で言うのもどうかと思いますが。
圧力鍋を使ったので、骨からホロッと落ちるデキバエ。
オレンジジュースをどーのこーのは、好みの問題デス。

【材料】
スペアリブ
マーマレード



500g
70g



しょうゆ

にんにく
こしょう

大3
大3
1片
少々
【作り方】
① ビニール袋に、スペアリブとマーマレードを入れ、もみこんで半日くらい置く。
   ※袋が破けないよう、やさしく。
③ ①の袋に、しょうゆ・酒・おろしにんにくを加え、一晩置く。
④ 圧力鍋で、肉の表面に焼き色をつける。
⑤ ④に、つけダレを加えて、15分加圧する。
⑥ 自然に減圧し、圧力が下がったら煮汁を煮詰める。

※時間はかかりますが、手はかかりません。
 当日は30分で出来上がり!

2段階で下味つけるのが面倒!という場合は、マーマレードを先に馴染ませて、しょうゆのタレに漬け込んでください。
お肉の柔らかさが違います。

レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

『食はココロを豊かにする。』TOPへ。
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
カテゴリ
作ってみようと思ったらポチッ♪
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログ

FC2ブログランキング

 
使えるSHOP
こだわり食材 572310.com
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。