スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スウェーデン料理】 ヤンソンの誘惑

ヤンソンの誘惑_Janssons Frestelse ヤンソンの誘惑_Janssons Frestelse
いやー、暑いですね。
ウチではヒツジくんが念願の熱帯魚を飼い始めました。
小さい家なので、水槽も極小。
でも、いーんです。
「飼う」って事が大事なんです(たぶん)。

水槽セットを広げて「作って、作って!」。(日本語の説明書が読めないから)
まるで、しっぽを振ってる犬みたいです(笑)

気持ちよさそうに泳いでる魚たちに、「初めまして~」「ごはんですよ~」と話しかけています。
ちゃんと面倒見てくれてるし、まぁ、いいかっ。

さてさて、今週は、ずっと気になっていた「ヤンソンの誘惑」を作ってみました。
ヤンソンという名の厳格なベジタリアンの宗教家が、この料理の誘惑に勝てず、ついパクリ、というのが名前の由来。(All Aboutより)

トルコ料理のなすの冷製(パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ=お坊さんを気絶させたなす)に似てますね。

こってり生クリームで作るのは夏場にはキツイので、半分牛乳にかえて、さらりverにしてみました。

材料もシンプルだし、アンチョビの塩味が全てなので、調味料も必要なし。
たぶん誰が作っても失敗しない料理です。
コツといえば、じゃがいもが柔らかくなるまでちゃんと炒めておく事くらいでしょうか。


■ヤンソンの誘惑_Janssons Frestelse
【材料】2人分
アンチョビ
じゃがいも
たまねぎ
生クリーム
牛乳
パン粉
1缶
2~3コ
大1/2
100cc
100cc
適当
ヤンソンの誘惑 【作り方】
① じゃがいもは7mm~1cm、たまねぎは薄切りにし、
  サラダオイル(分量外)で柔らかくなるまで炒める。

② グラタン皿に①の1/3をしき、アンチョビを乗せる。
  左写真。これを3回繰り返し、
  混ぜておいた生クリームと牛乳をかける。

③ 最後にパン粉をかけて、
  200℃のオーブンで20分くらい焼く。

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

Leave a comment

Private :

Comments

>にしょ。
ひっさしぶり!
誘惑されてくれて嬉しいよ、そして脳みそつながってんのが健在だって事も重ねて嬉しい(゜ーÅ)
確かにこの料理は冬に紹介した方がいいと思う。
作ってても、食べてても、ぬくぬくの部屋でこってりほくほくなアリサマを想像したもん!
(そして脂肪が蓄積されるトコまでイメージしてもうた)
写真、どうぞどうぞ。お使いあれ。
Posted at 2009.07.29 (21:42) by nyaotan (URL) | [編集]
>さとひろ
ウガンダでも作れそう?それはよかった!
簡単だし、見栄えもよろしいし、生クリーム料理で大和撫子っぷりをお見せしてっ(>Д<)ゝ
中華でも、そんなネーミングの料理があんだね。
語録がつくれそうだ(笑)
Posted at 2009.07.29 (21:39) by nyaotan (URL) | [編集]
誘惑された!
こんなに久しぶりなのに脳みそ繋がってるかと思ってびっくりした!
今の会社で広報誌作ってるんだけど、このレシピを載せようとしてたのよ!
でも、冬号に掲載することにして、今回は「おじいさんの栄誉」というのにしました~~。
あー美味しそう・・・。写真使わせてほしい・・・。
Posted at 2009.07.29 (19:08) by にしょ。 (URL) | [編集]
おおおー。これは簡単そうでいいね。材料もウガンダで作れそう。さっそく次のパーティで作ってみる!!
中華料理のスープにも、「修行僧が柵をジャンプして飲みにくる」みたいな名前のスープがあった・・・訳するとオモロいね。
Posted at 2009.07.27 (19:28) by さとひろ (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
カテゴリ
作ってみようと思ったらポチッ♪
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログ

FC2ブログランキング

 
使えるSHOP
こだわり食材 572310.com
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。