スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔トルコレシピ〕今年の犠牲祭。鶏肉のキョフテ_Tavuk Köftesi

鶏肉のキョフテ_Tavuk Köftesi
トルコもぼちぼち普通の生活に戻っているようですが、20日はクルバン バイラム(Kurban Bayramı、犠牲祭)でした。
(犠牲祭とは&雰囲気はこっちにアップしています。)

去年は年末とかぶっていたので、トルコ旅行と重なり、一緒にお祝いしましたが、今年はお預けです。
トルコの義父は、「一人ではどうにもならん・・」と、今年は羊の買い付け&解体を諦めたそうです。
働き手(アイカタ)が日本にいるので、私的には、ちと申し訳なく。。。

クルバンバイラムは、貧しい人にも、羊肉(リッチな家では牛)を分ける、イスラム教のお祭りですが、決して豊かな人だけが行うわけではなく、普通の生活をしてる=困ってないって発想から、本当に普通の家でも羊1頭をさばきます。
格差は大きくなっていますが、”一億総中流”と言われる日本だと、イマイチピンときませんね。
アイカタと”貧乏”について話してると(どんな話だ)、この感覚の違いに驚きます。
彼の”貧乏”とは、学校も行けなく、食べ物にも困るくらいを”貧乏”といいます。
私はそんなモノサシを持っていなかったので、結構衝撃的でした。

世界中の貧困に直面してる人たちの問題は、常に気になってるワリに、身近な問題になってなかったんですね。
The どっぷり日本人です。


さて。
今日は鶏肉のキョフテです。
ラムや牛肉で作るより淡白なので、クミン&タイムでしっかり風味をつけたほうが、らしい 味になります。 大きめに刻んだクルミがアクセントです。

日本でいうつくねですが、香辛料が入るとぜんぜん違う料理になりますよ。

【材料】 2人分
鶏挽肉
クルミ
生パセリ
ニンニク

パン粉
250g
30g
大3
1片
1/2個
50cc
クミン
タイム

コショウ
粉唐辛子
揚げ油
小1
小2
小さじ1/2
小1
小1
適量

【作り方】
① くるみは、大きめに刻んでおく。パセリはみじん切りにしておく。
② ひき肉に、① のくるみとパセリ、揚げ油以外の全ての材料を加えて、手でよく捏ねる。
③ 小さめのハンバーグに整形して、油で揚げ焼きにする。

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

Leave a comment

Private :

Comments

>yokocanさん
そうそう、ウチもスーパーの肉は使えないので、鶏のひき肉は自分で作ります。
くるみ入りキョフテ、yokocanさんも作るんですね!
カリフラワーのグラタン、作っていただいて(2回も!)ありがとございます。お料理上手のyokocanさんにリピしてもらえるのは嬉しいデス!イベント続きで大変ですが、楽しんでくださいね♪
Posted at 2007.12.29 (10:10) by nyaotan (URL) | [編集]
鶏のキョフテ、美味しいですよね!トルコって、鶏の挽き肉って、なかなか売っていないので、自分でフードプロセッサ使って作るしかないんですよね。
nyaotanさんもクルミを入れられるんですね。香ばしくって、やめられなーい、ですよね。わぁ、久しぶりに作ってみたくなりました。

ところで、↓の『カリフラワーのグラタン』作りました!こういうのって初めて見ましたので、興味津々作ってみたら、とぉーっても美味しかったんで、続けて2回も作ってしまいました。もう、定番になること間違いなしです。
今回、ブログで載せましたので、そちらの記事に文中リンクさせて頂いてます。TBもさせていただきますので、どうぞよろしくお願いします!
Posted at 2007.12.26 (06:39) by yokocan21 (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
カテゴリ
作ってみようと思ったらポチッ♪
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログ

FC2ブログランキング

 
使えるSHOP
こだわり食材 572310.com
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。