スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔トルコレシピ〕 白いんげん豆の煮込み_Pastırmalı Kuru Fasulye

白いんげん豆の煮込み_Pastırmalı Kuru Fasulye 
DELI 料理っぽくできたので、ココットによそってみました。
普通のお皿で出せば、それなりのボリュームがある料理です。

アイカタは、イスラム教徒なので、豚肉NGです。
生の肉は、日本で調達しますが、お肉の種類が少ないので、保存出来るものはトルコから、持ってきたり、送ってもらったりしています。

保存食を比べても、
日本とトルコの違いはくっきり。
だって、日本で保存肉ってあります?
浮かぶものって、横文字 = 日本で生まれたものじゃないですよね?

でも、魚の干物は、いろんな種類がある。
刺身から干物まで、大切に食べてきた感じがする。
今まであまり意識しなかったけど、魚文化で育ったんだなぁって思います。


レシピでは、サラミ(ベーコン)と書いたお肉ですが、正しくは、パストゥルマ(Pastırma)という肉を使います。

これは、にんにく、塩、パプリカを混ぜ合わせたペースト状のものを牛肉に塗って作る干し肉だそうです。
トルコ食材大全にも説明があります。)

このペーストが、スパイシーで、異国情緒そそられまくります。
日本にいながら、トルコ気分!アンネ(お母さん)ありがとーー!

とは言うものの、このペーストを取ってから料理するので、出来上がりはそんなにスパイシーじゃありません。
私的には、肉もペーストも使いたいんですけど、アイカタ邸では、肉だけ使うそうで。
これって、どこの家でもそうなんでしょうか?
修行はまだまだ続くって感じですε-(。_。;)ノ

■白いんげん豆の煮込み_Pastırmalı Kuru Fasulye
【材料】 2人分
乾燥えんどう豆
牛肉
サラミ(ベーコン可)
バター
たまねぎ
1/2カップ
80g
30g
大1
1コ
コンソメ
砂糖

こしょう
赤とうがらし
小1/2
小1
小1/2
適宜
適宜

【準備】
乾燥えんどう豆は、前日の夜からたっぷりの水にひたしておく。

【作り方】
① たまねぎをみじん切りにし、バターを溶かした圧力鍋でキツネ色になるまで炒める。
② ①に、1cm角に切った牛肉、サラミを加えて、肉に火が通ったら、えんどう豆を加える。
③ コンソメと、ひたひたの水を加えて赤とうがらし・砂糖を入れ、圧力鍋で15分加圧する。
④ 圧を抜いて、塩こしょうで味を調えながら、好みのスープの量に煮詰める。

※ 牛肉ナシでも、美味しいです。
  (あっさり豆料理にしたいときは、サラミだけで作ってます。)

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

Leave a comment

Private :

Comments

>東京ファーム さん
ハジメマシテ。
白いんげん豆の料理は、食べやすくてどんどん食べれてしまうし、健康的で、罪悪感がないのが魅力です。
東京ファームさんの一工夫されたイタリアン、美味しそうですね。
私は、そちらでイタリアンのお勉強をさせていただこうかしら♪
Posted at 2007.10.24 (22:16) by nyaotan (URL) | [編集]
ブログ村から遊びにきました。
白いんげん豆、とってもおいしそうでカラダによさそうですね。
その他のお菓子やお料理もみんなおいしそう。
私は東京で旦那とうさぎと暮らしながら、調理の仕事をしています。
自分はイタリアンは得意ですが、他の国のお料理にもとっても興味があります。
またブログ見に来させてください。
Posted at 2007.10.22 (16:16) by 東京ファーム (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
カテゴリ
作ってみようと思ったらポチッ♪
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログ

FC2ブログランキング

 
使えるSHOP
こだわり食材 572310.com
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。