スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮭のクリームスープ

鮭のクリームスープ
今日は夕方から雨が降ってきて、だいぶ冷えましたね。
本当は鮭のクリームシチューを作ろうと思ったんだけど、忘年会シーズンで久々に飲む機会が続いたので、
すこーしあっさりのクリームスープに変更。
サツマイモも入れて、お食事系にしてみた。

今日は、いつものクリームスープに、酒粕を少し入れてみた。
多すぎると、酒臭くなってしまうので、ほんの少し。
いつもと違うことをしっているからか、まろやかになったように感る。
酒粕には、必須アミノ酸やビタミンB群が含まれていて、栄養的にも優れているそうな。

子供の頃、母がのんびり甘酒を作ってくれた寒い夜を思い出す。
私は、トロトロした、ちょっと濃いめの甘酒が好きだったなぁ。
そして、もっと昔を思い出すと、夏休みに祖父の家に行くと、お米から甘酒をつくっていたような・・・。
これはツブツブが残っていて、母が作る酒粕を溶いて作るのとは違ったおいしさが…(*v.v)
あれ?私、昔からお酒スキだったのかしら・・・?

【材料】
鮭      2切
人参     1/2本
たまねぎ   大1/4個
さつまいも  中1/2本
いんげん   10本くらい
しめじ    1/2株

バター    15g
酒粕     大1
小麦粉    大3
塩コショウ  適宜
コンソメ   1個

【作り方】
①鮭に塩コショウをして、小麦粉をまぶし(分量外)、バター1/3を溶かした鍋で焼き、火が通ったら皿に取る。

②①の鍋に残りのバターを溶かし、人参・たまねぎ・サツマイモを入れ、軽く炒める。

③この鍋に小麦粉大3を加え、粉っぽさがなくなるまで炒める。

④ここにコンソメとを少しずつ加え、かき混ぜながら沸騰したら、火を弱め、いんげん・しめじも加える。

⑤塩コショウで味を整え、最後に酒粕をいれよく溶かす。
レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甘酒について-日本の心-四季折々の風情を感じ...
甘酒甘酒(あまざけ、醴)は日本の伝統的な甘味飲料の一種で、見た目はどぶろく(濁酒)に類似する白濁液である。古くは「一夜酒(ひとよざけ)」または「醴酒(こさけ、こざけ(「濃い酒」の意))」と呼ばれた。かつては夏に冷やして飲む習慣があり、俳句では夏の季語とな
Posted at 2007.03.18 (10:19) by 日本の心-四季折々の風情を感じ...

Leave a comment

Private :

Comments

>kuishinboon さん
私も酒粕が気になりだしたのがここ最近です。
だからイマイチ、上手な使い方が分からないんですが、煮物・パン・デザートにまで使えるみたいですね。
やっぱり美味しい日本酒の酒粕は、風味が違うのかなぁっとか妄想しつつ、普通にスーパーで売ってるものからトライしてみました!
Posted at 2006.12.16 (12:35) by nyaotan (URL) | [編集]
酒粕って、ほんとに肌や健康に良いそうですねー。かぼちゃのスープとも相性がいいとは!
実家では、酒粕の鮭のスープがよく登場して、しかも小骨も取らずに入っていたため、酒粕→鮭のカス??と勘違いしてて、お酒の臭いプンプンのイメージがありました。
大人になって、酒粕のイメージがだいぶ向上してきたところです。酒粕って、いまだチャレンジしたことないですが、スーパーにおいてあるんですかね。今度さがしてみます^^
Posted at 2006.12.16 (01:14) by kuishinboon (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
カテゴリ
作ってみようと思ったらポチッ♪
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログ

FC2ブログランキング

 
使えるSHOP
こだわり食材 572310.com
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。