スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラウイの現状。

マウイの現状
今朝出勤直前に、トクダネでマラウイのHIV問題を取り上げていた。見てる時間がなかったから録画しといて、さっき見てみた。

同じ地球にいるのに、こんなにも違うものか。

こないだまでは、大人になって行こうと思えばどこでも行けて、地球が小さくなったように感じていたのに。
まったくもって、大きな勘違い。



「どうやって生活していこうか。だってお金も食べ物も服もないんだから。」
娘をエイズで亡くし、孫を一人で育てていく事になったおばあちゃんは、途方に暮れる。
「勉強してる間がすごく楽しかった。
自分が強くなって、妹二人を養っていく力が欲しい。」
健気にそう語る少女は、17歳。
エイズで亡くなった両親のかわりに学校を辞め、月200円の生活費で一家を支えている。
(物価の違いを考えても、足りない金額。)

アフリカ南東部にある人口1120万の国マラウイ。
年間8万7千人がエイズウイルス に感染して死亡する。(感染率は14.2%←2003年)
平均寿命は42歳。

胸が詰まる思い。
そう感じるだけじゃなくて、自分に何ができるか。
チャリティーはホントに必要としてる人たちに行ってるかナゾだし、何が一番役に立てる方法なんだろう。
そーゆー情報が氾濫してるようで、実は曖昧なものが多いことに気付いた。

Leave a comment

Private :

Comments

にしょっちへ
そうなの。かわいそうって言いながら、目をそらす事の方が残酷だと思うの。こーゆー国や人を知ったからって、直接どーする訳じゃないんだけど、生活の中での小さな行動が変わるんじゃないかと思う。
豊かな人の傲慢って言う人もいるかもしれないけど。
それにしても、みんな力強く生きてんだよねーー!
Posted at 2006.05.26 (23:49) by tureduredays (URL) | [編集]
ほんと、こういうのって胸が痛くなる。貧しい国で日本では感じられない豊かさを感じていたりするけれど、所詮金持ちの戯言の気もする。
ODAとかビミョウだし・・・。HIVといえば女子割礼を勉強したことを思い出す。身の毛がよだつ・・・
でも何も知らずに過ごすことのほうが大罪じゃないかな。知ることも出来ることの一つだと思いたい。
Posted at 2006.05.26 (17:37) by にしょっち (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
カテゴリ
作ってみようと思ったらポチッ♪
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログ

FC2ブログランキング

 
使えるSHOP
こだわり食材 572310.com
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。