スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「慮る」気持ち &ハンバーグ きのこクリームソース

ハンバーグ~きのこクリームソース
ココ最近、ブログの更新がままならない。
趣味だからいーんだけど、ココに上げてかないと作ったものわすれちゃうんだよねー。

今日は水曜くらいから食べたかったハンバーグ♪
今日のデキは最高!
「料理うまくなった!?」って錯覚するほど。
実際には、美味しいレシピを書いてる人のおかげなんだけど(;゜(エ)゜)
軽くハンバーグってゆーケド、配合も様々。
見始めたら、余りにも差があって、どれが美味しいのか分からなくなった・・・・…(゜ーÅ)

さて。
最近、ココロに残ったのが『慮る(おもんばかる)』というコトバ。
上司がこの言葉を大切にしていて、久しぶりに聞いたワードだった。
あれこれ思いめぐらす。考慮する。 という意味なんだけど、それ以上に、相手を思いやる、とか敬う、とかもうちょっと深い気持ちが含まれてる気がする。
で、この言葉を片隅において生活してると、ほんの少しおおらかな気持ちになれるから不思議だ。
自分以外の人、家族や友達や上司、同僚、後輩にちょっとソンケーの念を持つだけで、その人自体の印象まで変わってくるんだよねー。
イライラする事ももちろんあるんだけど、おっとイケナイ!って気付けたり。
気付かせてくれた環境、ありがたいなぁと思う。

ジューシーハンバーグ きのこクリームソース
【材料 4人分】
合いびき肉     500g         〈きのこのクリームソース〉
たまねぎ      1個(約200g)     しいたけ    8枚
卵          1個            まいたけ    1パック
パン粉        150cc          しめじ     1パック
牛乳         150cc          生クリーム  90cc
塩           小1           塩       小1
こしょう        少々           しょうゆ    小2
ナツメグ       小1           


【作り方】
①すべての材料をボールに入れて粘りが出てひとまとまりになるまでこねる。
 ここで、ネギトロ状になるまでしっかりこねると、肉汁が逃げない!

②こねた肉を2等分にしてキャッチボールのように両手で投げながら形を整える。
 最後に左手に、手の厚みと同じくらいの厚さで平らに貼り付けます。

③そのまま、中火で熱したフライパンにひっくり返すように生地を乗せる。
 肉の表面を焼き固めて、肉汁を逃さないようにします。

④表面が白っぽくなってきたらひっくり返す。
 白っぽくならないうちだと、崩れやすいので注意。
 その後は弱火で10分焼いて、火を止めふたをしたまま2分ほど蒸らす。

⑤焼き上がりの目安は、肉の中心に串を刺して白っぽい肉汁がでればOK。

⑥ハンバーグを一旦皿にあけ、そのままのフライパンにバターを溶かし、きのこを炒める。
 しんなりしたら、生クリーム、塩、しょうゆを入れ、温まったらハンバーグにかけて出来上がり♪

*point
ハンバーグを焼いているときは、極力ふたを開けないように。
ふたを開けると蒸気が逃げてしまって、上手に焼けません。
また、焼きすぎると肉汁がでてしまって固くなりますよ。
火が通るぎりぎりで火を止め、2分ほど置いて余熱で火を通すのが、ふっくら焼くコツ!

*おまけ
バター20gを入れるのが元のレシピですが、ひき肉からの肉汁&油で充分だったので入れませんでした。
(重いの苦手・・)香りが欲しい場合は入れてもいいと思います!
ジューシーハンバーグ きのこクリームソース
【材料 4人分】
合いびき肉     500g         〈きのこのクリームソース〉
たまねぎ      1個(約200g)     しいたけ    8枚
卵          1個            まいたけ    1パック
パン粉        150cc          しめじ     1パック
牛乳         150cc          生クリーム  90cc
塩           小1           塩       小1
こしょう        少々           しょうゆ    小2
ナツメグ       小1           


【作り方】
①すべての材料をボールに入れて粘りが出てひとまとまりになるまでこねる。
 ここで、ネギトロ状になるまでしっかりこねると、肉汁が逃げない!

②こねた肉を2等分にしてキャッチボールのように両手で投げながら形を整える。
 最後に左手に、手の厚みと同じくらいの厚さで平らに貼り付けます。

③そのまま、中火で熱したフライパンにひっくり返すように生地を乗せる。
 肉の表面を焼き固めて、肉汁を逃さないようにします。

④表面が白っぽくなってきたらひっくり返す。
 白っぽくならないうちだと、崩れやすいので注意。
 その後は弱火で10分焼いて、火を止めふたをしたまま2分ほど蒸らす。

⑤焼き上がりの目安は、肉の中心に串を刺して白っぽい肉汁がでればOK。

⑥ハンバーグを一旦皿にあけ、そのままのフライパンにバターを溶かし、きのこを炒める。
 しんなりしたら、生クリーム、塩、しょうゆを入れ、温まったらハンバーグにかけて出来上がり♪

*point
ハンバーグを焼いているときは、極力ふたを開けないように。
ふたを開けると蒸気が逃げてしまって、上手に焼けません。
また、焼きすぎると肉汁がでてしまって固くなりますよ。
火が通るぎりぎりで火を止め、2分ほど置いて余熱で火を通すのが、ふっくら焼くコツ!

*おまけ
バター20gを入れるのが元のレシピですが、ひき肉からの肉汁&油で充分だったので入れませんでした。
(重いの苦手・・)香りが欲しい場合は入れてもいいと思います!

Leave a comment

Private :

Comments

いや~かなり美味しそう!!!
Posted at 2006.05.14 (23:45) by さとひ (URL) | [編集]
hanae.mさん
優しい気持ちって伝染するんですよね。些細なことすぎてついついおざなりになっちゃうけど、心に留めておきたい気持ちです。
HP見ていただいたんですね。ありがとうございます。3月に行った分が途中になったまま・・ホントはもっと食べてるんです+.(*゜ω゜*)+.
それと。キレイと誉めていただきましたが、ぼかし方が絶妙だったのかもしれません!(相当照れますo(*≧□≦)oほほほ。)
Posted at 2006.05.14 (20:35) by tureduredays (URL) | [編集]
とっても美味しそう!手作りとは思えません。お店のハンバーグみたいな出来栄えですね~☆
「慮る」・・・はじめて耳にしました。(恥ずかしながら学生時代、国語は苦手科目の一つでした(^^;)
そうですね^^ 私も、特に身近な人達に対してその気持ちを忘れないように心掛けたいなぁと思います!
tureduredaysさんのHP拝見したんですけど、ほんとよくできてますね!!ベトナムの事が詳しく紹介されていて、私もいろいろ勉強させてもらいました^^ それと、tureduredaysさんってかなりおキレイな方なのでは?お顔にぼかしが入っていますけどしっかり伝わってきましたよ~。
Posted at 2006.05.14 (10:50) by hanae.m (URL) | [編集]
初めまして!!!!!!!!!!!
お兄ちゃんのパソコンをもらってやりはじめました。
19歳の「ミク」です。
天然とか言われます。
プロダクションに入ってますがまだまだ下っ端ですww
みなさんどんどん仲良くなりましょう☆
Posted at 2006.05.13 (20:41) by itigo (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
カテゴリ
作ってみようと思ったらポチッ♪
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログ

FC2ブログランキング

 
使えるSHOP
こだわり食材 572310.com
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。