スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタバ風チョコチップスコーン 

スタバ風チョコチップスコーン
上手に作れるようになりたかったスコーン。

生地を練ると、膨らまないらしく、夏場の暑い時期はバターが溶けてうまく出来ませんでした。

何度かの失敗を乗り越え、やっと形になりました。

ヨーグルトを入れて作るレシピも多いみたいだけど、冷蔵庫になかったので、入れないバージョンで作ったら、成功しちゃいました。
とは言え、ヨーグルトが入ってたらどうなるのか、は未だ気になるところ。


肝心のデキバエですが。
ホカホカの生地の中から、にょっきり顔を出す
チョコレートは、まさにスタバそっくり。
生地自体には、砂糖を入れてないけど、
この存在感のおかげで、甘さは充分です。

季節はずれの台風到来で、家から出れなかったので、まったりコーヒーを飲みながら、
あまーい午後を過ごしました。

このスコーン、冷めても電子レンジで20秒くらい温めると、もとの美味しさが復活します。

■スタバ風チョコチップスコーン
【材料】 4個分
◇強力粉
◇薄力粉
◇バター
◇ベーキングパウダー
◇塩
80g
60g
25g
小1/2
ひとつまみ

牛乳
チョコチップ


20g(1/2弱)
70cc
50g



【準備】
オーブンを200℃に温めておく。

【作り方】
① ◇の材料をフードプロセッサーに入れ、粉チーズ状になるまでかき混ぜる。
② ①に卵と牛乳を加え、短いスパンで10回位攪拌する。
③ 大きめに刻んだチョコレートを加えて数回攪拌する。
④ まとめてラッに包み、冷凍庫で10分くらい冷やす。
⑤ 冷やした生地を、打ち粉を振った台の上に置き、縦長に3cm厚さに伸ばし、三つ折にする。
⑥ 更に縦長に伸ばし、三つ折にする。
⑦ 2cm~3cm の厚さに伸ばし、三角に切り、側面に触れないように鉄板に乗せる。
⑧ 200℃で20分焼く。

*コツ*
・チョコレートは大きめに切ったほうが、スタバ風になります。
・生地を練るとクッキーのようになるので、計量した材料は冷蔵庫で冷やしておいて、
 出しながら使うと生地がべたつきません。
・キレイに腹割れさせるために、切った後の側面は触らないようにしましょう。

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。
スポンサーサイト

お菓子教室という名のホームパーティ。

ポップオーバー
ポップオーバー
ポップオーバー_party
フランスの「ル・コルドンブルー」でパティシエの修行をした友人主催のお菓子教室が再開されました。
コルドンブルー卒業後も、東京で活躍していた彼女ですが、更に磨きをかけるべく、約1年の渡仏後の再開です。

お菓子教室のハズなのですが、”食”全般に関心アリアリなので、こだわりのビールやら料理やら
仕事帰りに調達した差し入れたちがテーブルを埋め尽くします。

今日のこだわりは、鴨ハムとチーズ。
ビールは、シメイ(CHIMAY) と ヒューガルデン(HOEGAARDEN)です。
コクがあって、本当に美味しい。

本題の、教室復活第一弾は、リクエストでポップオーバーというパンに決定。

ポップオーバーとは、イーストを使わないパンで、高温で焼いて蒸気の力でポーーンと膨れるアメリカのパンです。
出来上がりは大きいのですが、中は空洞なので、カスタードを入れたり、野菜を挟んだりして食べます。
今日のお料理は、ポップオーバーに合わせて、(いずれもこだわりの)野菜・チーズ・ハムetcが並びました。
そして、いーとこのケーキを研究(味わう)ってテーマでの先生セレクトは、PIERRE HERMÉ PARIS(ピエールエルメ)のミルフィーユ プレニチュード、レモンタルト。
何層にも重なって、手が込んでいて、すごいこだわりがあります。
先生も、こんなに美味しいケーキ、エライ!(もっと感動的な表現だったよーな)と大絶賛。


次回は、タルトシトロンだそーです。
ピエールエルメみたいにできるかなーー。
これまた楽しみ!

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

〔トルコレシピ〕 白いんげん豆の煮込み_Pastırmalı Kuru Fasulye

白いんげん豆の煮込み_Pastırmalı Kuru Fasulye 
DELI 料理っぽくできたので、ココットによそってみました。
普通のお皿で出せば、それなりのボリュームがある料理です。

アイカタは、イスラム教徒なので、豚肉NGです。
生の肉は、日本で調達しますが、お肉の種類が少ないので、保存出来るものはトルコから、持ってきたり、送ってもらったりしています。

保存食を比べても、
日本とトルコの違いはくっきり。
だって、日本で保存肉ってあります?
浮かぶものって、横文字 = 日本で生まれたものじゃないですよね?

でも、魚の干物は、いろんな種類がある。
刺身から干物まで、大切に食べてきた感じがする。
今まであまり意識しなかったけど、魚文化で育ったんだなぁって思います。


レシピでは、サラミ(ベーコン)と書いたお肉ですが、正しくは、パストゥルマ(Pastırma)という肉を使います。

これは、にんにく、塩、パプリカを混ぜ合わせたペースト状のものを牛肉に塗って作る干し肉だそうです。
トルコ食材大全にも説明があります。)

このペーストが、スパイシーで、異国情緒そそられまくります。
日本にいながら、トルコ気分!アンネ(お母さん)ありがとーー!

とは言うものの、このペーストを取ってから料理するので、出来上がりはそんなにスパイシーじゃありません。
私的には、肉もペーストも使いたいんですけど、アイカタ邸では、肉だけ使うそうで。
これって、どこの家でもそうなんでしょうか?
修行はまだまだ続くって感じですε-(。_。;)ノ

■白いんげん豆の煮込み_Pastırmalı Kuru Fasulye
【材料】 2人分
乾燥えんどう豆
牛肉
サラミ(ベーコン可)
バター
たまねぎ
1/2カップ
80g
30g
大1
1コ
コンソメ
砂糖

こしょう
赤とうがらし
小1/2
小1
小1/2
適宜
適宜

【準備】
乾燥えんどう豆は、前日の夜からたっぷりの水にひたしておく。

【作り方】
① たまねぎをみじん切りにし、バターを溶かした圧力鍋でキツネ色になるまで炒める。
② ①に、1cm角に切った牛肉、サラミを加えて、肉に火が通ったら、えんどう豆を加える。
③ コンソメと、ひたひたの水を加えて赤とうがらし・砂糖を入れ、圧力鍋で15分加圧する。
④ 圧を抜いて、塩こしょうで味を調えながら、好みのスープの量に煮詰める。

※ 牛肉ナシでも、美味しいです。
  (あっさり豆料理にしたいときは、サラミだけで作ってます。)

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

ナッツぎっしり パウンドケーキ

ナッツぎっしり パウンドケーキ
連休3日目。
あいにくの雨で、肌寒いくらいなので、温かい紅茶に合いそうなパウンドケーキを焼きました。

家にある材料で簡単に作れてしまうので、日本に来た頃は、「おぉ!」と喜んでいたアイカタも、
今となっては「あ、作ったの?」と感動薄め。
バチアタリモノめ。
暫く、封印しちゃおうか、なんて、なんともイジワルな事を考えてしまいました。

ま、私自身、作るのも食べるのも楽しんでりるんだけどさ。
ちょっと多すぎるかな?くらい入れたナッツですが、小さめに刻んだので、生地といい具合にまざって、
どこを食べても、いい歯ざわりと風味です。
ちなみに、歯ざわりを楽しもう、と大きめに刻むと、切るときにケーキが崩れます。
(経験済み(゜ーÅ))

【材料】18cmパウンド型1本分
小麦粉
ベーキングパウダー
バター
砂糖

150g
小1
100g
100g
3個
バニラエッセンス
くるみ
アーモンド
ヘーゼルナッツ

少量
合計80g




【準備】
・小麦粉とベーキングパウダーを軽く混ぜておく。
・バターは室温に戻しておく。
・ナッツは細かく刻んでおく。

【作り方】
① バターをボールに入れて、ハンドミキサーで柔らかくなるまで混ぜる。
② 砂糖を加えて、白っぽくなるまで更に混ぜる。
③ バニラエッセンスを加え、卵を3回くらいに分けて混ぜいれる。
  一度に入れてしまうと混ざりにくいので注意!

④ このボールに合わせておいた小麦粉とベーキングパウダーを粉ふるいで30cm位の高さからふるい入れる。
⑤ ゴムベラに変えて、底から底から混ぜる。
⑥ 粉っぽさが少し残ってるところで、ナッツを入れて、ざっくり混ぜ合わせる。

⑦ 型に流しいれる。焼いてる間に盛り上がるため、真ん中をへこます。
⑧ 200℃のオーブンで5分、180℃に下げて40分焼く。
⑨ 粗熱が取れたら型から外して、1.5cm厚さに切り分ける。

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

〔トルコレシピ〕 ほうれん草と米の煮込み_Yoğurtlu ıspanak

Yoğurtlu ıspanak
”しっかりメイン”を考えると、ついお肉や魚を主にした料理になってしまいます。
どうしても、野菜不足になりがちなので、ほうれん草を使ったメインを(アイカタが)探しました。

これは、トルコ語のサイトから作ったものですが、アイカタの家でも登場するメニューで、
今日入っている、ひき肉とサルチャを入れない、シンプルな料理だそうです。

肉なしで野菜の甘みと、塩だけでも、充分美味しいと思います。

レシピブログで、ドクター水素水のモニターなるものに応募したら、見事当たってしまったので
使い心地をレポートします!

今日の煮込みは、野菜の甘みが強く感じられました。
いつもと同じ野菜たちなんですけどね^^
そして、一番違いを感じたのが、パンです。
ウチは全てパン食なので、毎日パンを焼くのですが、焼き上がりがもっちりしっとりしています。

もう少しいろいろな料理に使って、違いを楽しんでみようと思います。

水素水は体内の活性酸素を除去する活性水素を含んでいる水の事で、健康に良いと言われているそうです。
さて、効果の程はいかに!?

■ほうれん草と米の煮込み_Yoğurtlu ıspanak
【材料】 2人分
ほうれん草
たまねぎ
オリーブオイル
ひき肉
サルチャ

200g
1/2コ
大2
80g~100g
大1


お湯

にんにく
ヨーグルト

1/4合
2カップ
小1
1片
1/2カップ

【作り方】
① ほうれん草を茹でて、2cm幅に切る。
② フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたたまねぎとひき肉を弱火で水分がなくなるまで炒める。
③ サルチャを加え、軽く混ぜたら米を加えるて5分位炒める。
④ 米が少し透明になったら、お湯・塩を加えて、米が柔らかくなるまで煮る。
⑤ 更に盛ったら、おろしニンニクを加えたヨーグルトを上にかける。


にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09 11
カテゴリ
作ってみようと思ったらポチッ♪
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログ

FC2ブログランキング

 
使えるSHOP
こだわり食材 572310.com
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。