スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコーン と イチゴのコンフィチュール

スコーン
週末、スコーンを焼きました。
砂糖を入れない、素朴なスコーンです。

焼きたてのほやほやに、イチゴのコンフィチュールと生クリームをトッピング。

1個じゃ足りず、たっぷりコンフィチュールをかけておかわりしちゃいました。
このコンフィチュールも、砂糖を控えめにしてるので、イチゴの酸っぱさが生きていて
たっぷりかけても罪悪感が軽減されます。
ある意味、まやかしですね。

材料を自分好みにカスタマイズできるのも、手作りのいいところでしょうか。
今回は、いちごを潰さず、The いちご を楽しめるようにしました。

コンフィチュールってフランス語で「ジャム」の事なんですって。

でも、私の中では、ジャムとコンフィチュールって少し違う。
ジャムは、コトコト煮混んだもの、コンフィチュールは、さらりとしていて、フレッシュな果物の風味が残っているもの、こんな感じです。
個人的な印象だから、なんとも言えないけど。

日本では、まだ明確な区別がされてなくて、製造物がどう表記するか、が現状なんですって。

「ジャムの妖精」クリスティーヌ・フェルベールが紹介して日本でもメジャーになってきました。

果物だけじゃなくて、野菜やスパイス、リキュールを入れたり、お菓子だけじゃなくて、料理にプラスしても面白そう。
気になる度は、高まるばかりです。
スコーン
【材料】
いちご
砂糖
レモン汁

200g
40g
大1
※ 砂糖は保存のため50%とか言われますが、そんなに入れません。
これでも、冷蔵庫で1週間もちますよ。

【作り方】
① イチゴは洗ってヘタを取り、水気を切る。
② イチゴに砂糖とレモン汁をまぶし、10分くらい放置する。
③ 強火にかけ、イチゴから水分とアクが出てくるので、しっかりアクを取り除く。
  目安は10分くらいですが、好みのとろみになるまで煮詰めます。
  冷めたときの方が、固まります。

にほんブログ村 料理ブログへ  アイディアがいっぱい!
 料理ブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。
スポンサーサイト

抹茶マーブルパウンドケーキ

抹茶マーブルパウンドケーキ
抹茶シリーズ第2作目。
(1作目は抹茶マーブルパン

基本的に、食べたい!と思うものを作るんだけど、どうやらただの”抹茶”じゃイヤなのかしら、私。
均一な抹茶生地じゃないレシピを選んでますね、こうしてみると。

抹茶とあんこは、黄金コンビだと思うけど、パウンドケーキに混ぜ込むと、抹茶の鮮やかなグリーンを消してしまいそうだったから、黒豆を一緒に焼きました。

もちろん、黒豆は買ってきました。
炊くほどの気合はありません。

いつもは、手早く・美味しく・失敗なしの、この作り方なんだけど、わざわざメレンゲを入れて焼いてるレシピを見つけて、どれだけ美味しいんだろう!と比較してみたくなったんです。

なので、今日はちょっと手間のかかるパウンドケーキ。
キメが細かいの、分かります?
しっとり、もこっちの方が上です。
今回の抹茶とか、ずっしりチョコレート系だったら、このレシピの方が上品に仕上がりそう。
私は、スポンジケーキにはない素朴さも好きだから、いつもの作り方のも捨てがたいなー。
全粉粒のパウンドケーキだったら、絶対いつものレシピだね。

ついでに、黒豆について言うと、あんこより上品です。 甘さも抑えられるから、抹茶の香りを邪魔しないし、生地に混ぜて焼くなら黒豆に1票です。

【材料】
小麦粉
ベーキングパウダー
バター
砂糖


100g
小1
100g
70g
2個

抹茶
豆乳 or 牛乳




4g
大2




【作り方】
くもりのち晴れ徒然日記 を参考にしました。
写真つきで、分かりやすいです。

レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

ローストオニオンとふわふわパンケーキ

ローストオニオン
先週は、恐ろしいくらい忙しかったから、今日は抜け殻のように過ごしました。
そうは言っても、お腹は減るんですね、やっぱり。

遅めのブランチは、ふわふわパンケーキです。

前は、ホットケーキや、普通のパンケーキを焼いてましたが、今はこの”ふわふわパンケーキ”一筋です。

そのくらい、美味しいんです。
重曹とヨーグルトの効果でしょうね。

でも今日のピカイチは、ローストオニオン。

子供のグーくらいの小タマネギがあったから、超弱火でグリルしました。
ソースは、オリーブオイルでニンニクを炒め、香りが立ったらアンチョビを投入!
ゆっくりゆっくり火を通したタマネギの甘みと、このソースがナイスマッチ。

簡単だけど、見栄えもなんだか
可愛らしいし、二重マル(・∀・)
【材料】
A 小麦粉
  重曹
  砂糖
  塩

150g
小1/2
大1
1つまみ

B ヨーグルト
  卵
  豆乳 or 牛乳
  溶かしバター

250g
1個
60cc
20g

【作り方】
①Aを計量して混ぜる。
②Bを別のボールでよく混ぜておく。
③①と②をさっくり混ぜて5~10分休ませる。
④熱して油をひいたフライパンで両面を焼く。

レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

圧力鍋で簡単!鶏手羽大根のとろとろ煮こみ

鶏手羽大根のとろとろ煮こみ
やっとやっと到着した圧力鍋(・∀・)
以前、ビーフシチューをアップしてましたが、どんな風に圧がかかるのか、まだコツも何も分からないから、
第一弾は、簡単な煮物にトライしてたんです。

感想は・・・すげーー!
あっという間に鶏肉がほろほろになって、骨からホロッ落ちるじゃありませんか!
今まで、時間をかけて、丁寧になんてやってたのが何だったんだろうって感じです。

長年、なんとなーく迷い続けてたけど、早く買えばよかった!

今日の煮物は、しょうががビシっと効いててついつい御箸が進んでしまう、危険なお味です。
ま、大根だから、いーか。

【材料】
鶏手羽元
大根

しょうが


6本
1/3本
2個
1かけ


しょうゆ

みりん
はちみつ
だし汁

大3
大1
大1
大1
300cc
【作り方】
① 鶏肉をフライパンで焼き、表面に焼き色をつける。
  大根は厚めに皮をむき、2~3cm厚さに切る。
  卵はゆで卵にし、殻をむいておく。
② 圧力鍋に①と蜂蜜以外の材料を全て入れ、20分くらい圧力をかける。
③ 自然に圧が抜けたら、蓋を外し、強火で煮詰める。

レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙
『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

1人1品1瓶の会第二回開催!

1品1瓶_1
1品1瓶_3
1人1品1瓶の会第二回開催。
考えてみると、第一回から約1年
美味しいお酒と料理が集まる、結構こだわりの会。
参加6人だったから、お酒も料理も、その量ったら、どんだけ!
今回は、年末入籍した友人と、今回結婚した私のお祝いもしてもらった。
めでたいって事で、シャンパンとイチゴからスタート!
これはホストプレゼンツ!!!
ありがとーー(゜ーÅ)
料理は、まだまだあったんだけど・・・

私は、ピーマンとトマトのドルマを。
(レシピはまた今度)
1品1瓶_3
シャンパン・ビール・ワイン・日本酒・泡盛。なんでもゴザレ、です。
日本酒通のお姉さまが「鳳凰美田 発泡にごり」を持ってきてくれた。
これ、とても美味しかった♪

上段真ん中の茶色いのは、ピーカンナッツ。黒糖を絡めてあります。
参加メンバーのお母サマ手作りなんだって。
美味しくって、たくさんつまんでしまいました。

お寿司は、感動!
①サーモンとクリームチーズ。
②ブラックオリーブとアボカド。
どっちも、おしょうゆを付けて食します。
なんかねー、コレ、好みです。アイディアマンだよなー。

夕方に集合して、気がついたら11時。
楽しい時間は、あっという間にすぎてしまうのね。

なんか、なんか、すごく楽しかったんだけど、お酒の魔力に脳みそやられて・・・
1つの部署で一緒に働いて(同時期じゃなくても、同じ部署を通じてこういう会にご一緒したり)、そして今はバラバラに頑張ってるみんな。

第三回、は1年後・・・より早く開催しよーね。

レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

抹茶マーブルパン

うずまき抹茶パン
うずまき抹茶パン
なぜかやってきた抹茶ブーム。
お菓子では、和菓子やケーキetcよく見るけど、
今回はパンに抹茶シートを巻き込んでみました。

抹茶シートは初めて作ったんだけど、
レンジでチンするだけだったから予想以上に簡単。

パン生地は、少し甘みがあるタイプ。
バターロールにも使える、超基本の分量です。
いろいろな分量があって、全部を試してたらきりがないし
失敗から学ぶなんて、出来ればしたくない。

そんなわけで、リピートの生地です。
ふんわり生地に甘苦の抹茶ペーストが後を引きます。
私的には、あっついコーヒーとまったり食べたい
カンジでした。
(GW中につくったから、もちろん実行しました(°З≦)♪)

【材料】18cmパウンド2本分(約1斤)
■パン生地
強力粉
バター
砂糖
スキムミルク



ドライイースト

280g
40g
30g
15g
小1
25cc(1/2個)
150ml
4g
■抹茶シート
砂糖
強力粉
コーンスターチ
抹茶
豆乳 or 牛乳
バター



30g
8g
8g
4g
70cc
8g


残った卵は、焼く前に塗ります。

【作り方】
① パン生地の材料をケースに入れ、1次発酵まで終わらせる。
  台に出し、乾いたふきんをのせて、15分ベンチタイムを取る。
② (1次発酵の間に)砂糖・強力粉・コンスターチ・抹茶を耐熱容器に入れて、よく混ぜる。
    牛乳を全部投入し更に混ぜる
。  ダマをスプーンでつぶすように、しっかり混ぜるのがポイント。
うずまき抹茶パン
③ 蓋をしないで、電子レンジで1分加熱する。一度取り出して、よく混ぜ、再度30秒くらい加熱する。
    全体がモチモチするまで繰り返す。(2回くらいで出来上がると思います。)
④ 熱いうちにバターを入れて、混ぜる。
    ラップの上に③をのせ、上からもラップをして、四角く伸ばす。(手で伸ばしてOK)
うずまき抹茶パン1
④ 伸ばしたパン生地に抹茶シートを乗せて、はみ出さないように包む。
  これを長方形に伸ばし、三つ折にする。
  さらに長方形に伸ばし、縦長になるように二つに切る。
⑥ それぞれの生地の真ん中に切れ目を入れる。
うずまき抹茶パン2
⑦ 分かれたほうを交互にねじり、型に入れる。
⑧ 40分、2次発酵させる。
⑨ 表面に卵液を塗り、180度で20分焼く。

レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

タコライスをクリームチーズソースで食す。

タコライス
GWにタコライス、作ってみました。
週末のブランチにちょうどいいメニューでしょ?
検索してたら、お肉を豆板醤で炒めてるのや、サルサを使ってるレシピもあって、どれにしようか悩みました(>Д<)ゝ

一般的には、サルサソースで炒めたお肉とレタス・チーズのトッピングでしょうか?
タコライスは、沖縄で生まれたメニューです。
私はてっきりラテンアメリカ系かと思ってました。
日本で生まれた、日本らしくない料理ですね。
Wikipediaに、詳しく載ってます。真面目に語られると、なんだかヘンだけど。

今回作ったのは、カレー&チーズソース。
チーズソースは、レモンが入ってるから、重くない。
ケド、コクばっちり。
お肉と半熟卵とソースをごちゃごちゃに混ぜて、がっつり食べました。
cafeで食べるのはサルサソースが多いけど、私はこっちの方が好きだなぁ。

【材料】 ■タコライス
ゴハン
A 合いびき肉
  ウスターソース
  ケチャップ
  カレー粉
トマト
アボカド
レタス
目玉焼き

2膳
150g
大1
大1
小1
1個
1/2個
適量
2個
■チーズソース
クリームチーズ
豆乳 or 牛乳
レモン汁

マスタード
にんにく
バジル
粉チーズ


50g
大4
大1
小1弱
小1
少々
小1/2
大1/2

※その他・・・アボカドの色止め用レモン汁、お肉を炒めるサラダオイル

【作り方】
■チーズソース
① クリームチーズを大きめの耐熱容器に入れ、30秒くらい電子レンジして柔らかくする。
② ①に他の材料を入れ、よく混ぜる。

■タコライス
① 肉を炒める。ざっとほぐれたら、ソース・ケチャップを加え、水分を飛ばし、カレー粉をふりかけて、ポロポロになるまで崩しながら炒める。
② アボカドは1cm角にキリ、レモン汁をかけて色止めする。
  トマトは1cm角に切り、キッチンペーパーで水気を抑える。
  レタスも水気を切ったら、一口大にちぎっておく。
③ ご飯を器に盛り、レタス・①の肉・アボガド・トマトをのせ、最後に半熟の目玉焼きを乗せる。
④ 食べ時る時にチーズソースをかける。

レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

圧力鍋で超早い。ビーフシチュー

ビーフシチュー

圧力鍋といえば、ビーフシチュー。
GWに入る前に届いていたのですが、のびのびになって、やっと作りました。
(塩梅が分からないので、実は煮物で予行練習してたんデス。)
材料を冷蔵庫から出し始めて、40分後には、この姿。
超はやい;・';・';・(゚ ゚*ノ)ノ
ブラボー。

こっくりコクのあるビーフシチューになりました。
あまりにも美味しく出来たので、おかわりしちゃいました。
一緒においてあるのは、ハイジの白パンです。
おかわりは、ゴハンで。
パンもゴハンもどちらもイケちゃうビーフシチューです。


そーいえば。
コンソメとブイヨンの違いって、意識してました?
KAGOMEのサイトで、説明してたので、ご参考までに♪

【材料】
牛肉
新じゃが
にんじん
たまねぎ
マッシュルーム


200g
3個
1本
2個
1パック


トマト缶
デミグラスソース
赤ワイン
ブイヨン
バター
塩こしょう

1缶
1缶
200cc
1個
大1
適宜

【準備】
・じゃがいもは表面の泥をよく洗い、大き目の一口大に切る。
・人参は皮をむいて、3等分にして、4~6つに切る。(気が向いたら面取りする)
・たまねぎは、半分に切り、更に4等分する。

【作り方】
① 牛肉を一口大に切り、塩こしょうをして、熱したフライパンで表面を焼く。
② 圧力鍋に①の牛肉、たまねぎ、ブイヨンと水150cc、赤ワイン、トマト缶とデミグラスソースを
  それぞれ大2づつ入れる。

③ 加圧15分して、急冷して、蓋を開け、じゃがいも、人参、マッシュルームを入れて再度加圧を3分する。
④ 事前放置後蓋をあけて、残りのトマト缶とデミグラスソースを加えて
  一煮立ちさせたら、バター・塩こしょうで味を調える。

★point★
圧力鍋で作るときは、とろみは加圧後につけます。
そのため、トマト缶とデミグラスソースを最後に加えていますが、風味を具に染み込ませたい時は、
少量をスープに溶かして加圧します。

レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

ハイジの白パンをホームメイド!

ハイジの白パン
私は、しっとり、が好きです。

それは、全ての食べ物に言えます。
例えば、マックのポテトは、クタッと倒れるようなヤツが好き。
例えば、濡れせんべいが好き。
ついでに言っちゃうと、湿気ったクッキーも好き。

パンは・・・ハード系も美味しいと思うけど、これは私の腕では作れない。
だから、普通のパンを焼くんだけど、どうせ焼くなら私好みにしたい。

昔から好きだった、白パン。
白パンといえば、ハイジの白パン。
私の記憶には、なぜかそう刻み込まれてるんです。
(ダイコンメシといえば、日本むかし話、みたいな)
砂糖の代わりにハチミツを、水の変わりに豆乳を使って焼いてみました。
超しっとり。
焼きたてなんて、ふわふわすぎて、持てません。指の跡がついちゃいます。
次の日も、このしっとりは変わりません。 普通の小麦粉と、ドライイーストだけど、ガッツポーズな気分です。

オーブンに入りきらなかったから、2回に分けて焼いたんだけど、1回目は、170℃で10分。
ぼやけてるけど、奥のパンがコレです。
真っ白にしたかったから、160℃で13分焼いてみました。
手前の子です。これが正解ですね。

ハイジの
【材料】
強力粉
薄力粉
スキムミルク
砂糖


250g
30g
20g
20g
5g

バター
はちみつ

ドライイースト


20g
大1
190cc
5g


【作り方】
① 材料をパンケースに入れ、ホームベーカリーの生地コースで1次発酵まで作る(約1時間)
② 生地を8等分して、軽く丸めて、湿ったふきんをかけて、ベンチタイムを15分取る。
③ それぞれの生地を楕円形に丸めて、滑らかな面が表面にくるようにする。
④ 強力粉をつけた菜箸で中心をくぼませる。(シナモンロール参照
⑤ 1.5~2倍に膨らむので、間を多めにとって並べる。
  30℃で30分2次発酵させる。(オーブンの発酵機能でOK)
⑥ 表面に強力粉を薄くふりかける(手でもいいし、茶漉しを使ってもいい)
  160度に余熱したオーブンで13分焼く。
  (オーブンに入らず、半分ずつ焼いています)

レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

『食はココロを豊かにする。』TOPへ。

クリームチーズとオレンジのパウンドケーキ

クリームチーズとオレンジのパウンドケーキ
半端にあまったクリームチーズとオレンジがあったから、パウンドケーキを焼くことに。
一緒に焼くチーズは、いろんなチーズをミックスしても美味しい。

このレシピは、『小林カツ代のケーキ&パイの基本』より。
ケーキ作りって、材料を正確に計るだけでも、面倒なのに、粉を3回ふるっておく、とかなんちゃら、準備がこれまためんどくさい。
そこも踏まえて楽しい時もあるけど、省けるものなら省きたい、ってのが本音だと思う。
この本のレシピは、余計な手間と余計な洗い物が少ないような気がする。
だけど、失敗がないんだな、これが。

そんな訳で、リピートが多く、実家の母はこのパウンドケーキが大好き。
帰省のときは、必ず1本焼いて持っていく。

このレシピのクリームチーズと夏みかんを抜くと、プレーンなパウンドケーキになる。
だから、今回みたいに他の具を入れて、バリエーションを増やすのも自由自在。
チョコチップを入れてもいいし、ナッツを入れても香ばしい。
刻んだかぼちゃをざっくり入れたのも好評でした(°З≦)♪

【材料】18cmパウンド型1本分
小麦粉
ベーキングパウダー
バター
砂糖

150g
小1
100g
100g
3個
バニラエッセンス
クリームチーズ
夏みかん


少量
50g
1個


【準備】 ・小麦粉とベーキングパウダーを軽く混ぜておく。
・クリームチーズは冷たいうちに、1cm角に切る。
・夏みかんは甘皮をむいておく

【作り方】
① 室温に戻したバターをボールに入れて、ハンドミキサーで柔らかくなるまで混ぜる。
② 砂糖を加えて、白っぽくなるまで更に混ぜる。
③ バニラエッセンスを加え、卵を3回くらいに分けて混ぜいれる。
  一度に入れてしまうと混ざりにくいので注意!

④ このボールに合わせておいた小麦粉とベーキングパウダーを粉ふるいで30cm位の高さからふるい入れる。
⑤ ゴムベラに変えて、底から底から混ぜる。
⑥ 粉っぽさが少し残ってるところで、クリームチーズと夏みかんを入れて、ざっくり混ぜ合わせる。

⑦ 型に流しいれる。焼いてる間に盛り上がるため、真ん中をへこます。
⑧ 200℃のオーブンで5分、180℃に下げて40分焼く。
⑨ 粗熱が取れたら型から外して、1.5cm厚さに切り分ける。

レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

『食はココロを豊かにする。』TOPへ。
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
04 06
カテゴリ
作ってみようと思ったらポチッ♪
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログ

FC2ブログランキング

 
使えるSHOP
こだわり食材 572310.com
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。