スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きなアップルスイートロールパン

大きなアップルスイートロールパン
年末は、なぜか忙しい。
仕事も、家の事も、冬休みの旅行に向けて日がない中でダーっとこなしていく感じ。
分かっていた事なんだから、あらかじめやっとけばいーんだけど、何にしても”ギリ”までやらない習性が・・・

思い起せば、昔は典型的A型だった。
準備は怠らず、夏休みの宿題だって、7月中に終わらせてたし(読書感想文以外は)。
でも、学生時代は、テスト前の勉強は一夜漬け、内容もつまみ食い。
要領が良くなったといえば聞こえはいーけど、怠け者の血が育まれた過程そのものだと思う。

でも。
時間がないと思うと、隙間をぬって何かをやりたくなる。
今日は、その典型パターンでパン作り。

最近、ミックス野菜ジュースを毎日飲んでて、ベースになるりんごは、常備してある。

たまたまAll Aboutで見つけたこのパン。
炊飯器で作るものだったけど、炊飯器は使わずトライ。
発酵も焼きもオーブンにて。基本的なレシピはこちら。
大きなアップルスイートロールパン
中にフィリングは甘さ控えめにして煮たりんごと、ブランデーに漬けたいちぢく、くるみ、あんず、レーズン。
ドライフルーツは2度目の活躍♪
ホームベーカリーがなかった時は、これさえあれば何でも作れる♪と思ってたのに、これに慣れるとやっぱり手で捏ねて・・・って作業に帰りたくなる。

久々に作ったら、1次発酵があまり膨らまず。
お構いなしにベンチタイムをとって2時発酵。
とあるHPには、”1次発酵がうまくいけば成功は確約されます。(中略)ふくらまないらまない時は・・失敗です。発想を変えて餃子の皮かすいとんにでもしてください。”
がびーん;・';・';・(゚ ゚*ノ)ノ

し、失敗ですか・・・?(ただいま2次発酵中)。
もうりんごが巻かれた生地で餃子なんて作れない!ピザを焼く時間なんてない!
仕方がないので続行。

以外や以外。
ちゃんと膨らんだし、美味しくできあがりました。
めでたし、めでたし。
レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙
スポンサーサイト

鮭のクリームスープ

鮭のクリームスープ
今日は夕方から雨が降ってきて、だいぶ冷えましたね。
本当は鮭のクリームシチューを作ろうと思ったんだけど、忘年会シーズンで久々に飲む機会が続いたので、
すこーしあっさりのクリームスープに変更。
サツマイモも入れて、お食事系にしてみた。

今日は、いつものクリームスープに、酒粕を少し入れてみた。
多すぎると、酒臭くなってしまうので、ほんの少し。
いつもと違うことをしっているからか、まろやかになったように感る。
酒粕には、必須アミノ酸やビタミンB群が含まれていて、栄養的にも優れているそうな。

子供の頃、母がのんびり甘酒を作ってくれた寒い夜を思い出す。
私は、トロトロした、ちょっと濃いめの甘酒が好きだったなぁ。
そして、もっと昔を思い出すと、夏休みに祖父の家に行くと、お米から甘酒をつくっていたような・・・。
これはツブツブが残っていて、母が作る酒粕を溶いて作るのとは違ったおいしさが…(*v.v)
あれ?私、昔からお酒スキだったのかしら・・・?

【材料】
鮭      2切
人参     1/2本
たまねぎ   大1/4個
さつまいも  中1/2本
いんげん   10本くらい
しめじ    1/2株

バター    15g
酒粕     大1
小麦粉    大3
塩コショウ  適宜
コンソメ   1個

【作り方】
①鮭に塩コショウをして、小麦粉をまぶし(分量外)、バター1/3を溶かした鍋で焼き、火が通ったら皿に取る。

②①の鍋に残りのバターを溶かし、人参・たまねぎ・サツマイモを入れ、軽く炒める。

③この鍋に小麦粉大3を加え、粉っぽさがなくなるまで炒める。

④ここにコンソメとを少しずつ加え、かき混ぜながら沸騰したら、火を弱め、いんげん・しめじも加える。

⑤塩コショウで味を整え、最後に酒粕をいれよく溶かす。
レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

ちょっと手をかけるだけ。

ブランチ
どれもこれも、お湯を注ぐだけ、パンを買ってくるだけ、お惣菜を買ってくるだけでできそうな朝ごはん。
でも、週末まで(今更アップ^^)、そんな貧しいゴハンはイヤ><!
普通のメニューだけど、ちょっとずつ手をかけて作ることに。

①パン。
  ホームベーカリーで。(食パン買ってくるより精神的に気持ちいい)
  砕いた煎りピーナッツ入りのグラハムパン。
  素朴で、味わい深い。

②おくらと山芋のサラダ
  あっさりした材料にごま油をちょろり。
  この組み合わせに、すこーし絞ったレモンの酸味も合うって新発見!

③豆乳コーンスープ
  缶詰のスイートコーンと豆乳、塩(ベトナムのうまみが強いやつ)をミキサーに入れるだけ。
  最後にパセリを散らすと、気分よし。
  塩味が弱いとぼやける。味見しながら、ちょっとずつ入れていく! 

家で、スープやジュースが作りたくて、実家から奪ってきたジューサーが早速役立った。
使用頻度は少ないんだけど、あると嬉しい。
けど、収納する場所がなくて、けっこう邪魔(母よ、スマン。)。

うーん、広い部屋に引っ越したい病再発の今日この頃。
でも4ヶ月前に更新したばっかりだしなぁ。悩ましい!

レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

赤い野菜のスープ

赤い野菜のスープ.JPG 今年の冬は、スープにはまってる。
しかも、できるだけ沢山の野菜が入ってる栄養満天スープ。

具が多くて、スープ?って思う時もしばしば。

でも、ココロも体も喜んでるので
それでいーのです。

今日の野菜は、適当なんだけど、赤い野菜をメインに。

トロトロしてるのは、柔らかく煮た野菜をミキサーにかけてるから。
ここにサイコロに切った野菜をイン!

大地の恵みが詰ったスープになりました。

土曜日に焼いた、ソーダブレッドをこんがり焼いて一緒に食べると、これまた幸せ。

寒いのは苦手だけど、こんなほっこりを味わえるのも冬ならではですね。
【材料】
Aトマトホール缶  1缶
 人参       1本(スープ用)
 赤パプリカ    1/2個
B人参       1/2本(具用)
 たまねぎ     1/2個
 セロリ      1本

コンソメ      1個
水         好みのとろみに伸ばす
塩コショウ     適宜
チリパウダー    好みで 
  オクラ       4本(電子レンジでチンしてもOK)

【作り方】
①鍋に、適当な大きさに刻んだAを入れ、野菜に火が通ったらジューサーでトロトロにする。
②①を再び鍋に戻し、サイコロに切ったBと調味料を加える。
 この状態だと、かなりどろどろしていて、吹きこぼれてしまうので、
 様子を見ながら水を加える。
 野菜が柔らかくなるまでゆっくり煮る。
③上にオクラを飾って出来上がり♪
レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

ANATOLIAでトルコ料理! と 『プラダを着た悪魔』

ANATOLIA_前菜
今日は、『プラダを着た悪魔』を見てきた。
テンポが良くて、あっという間に進み、サエない女の子が、おしゃれや仕事に目覚めて
どんどん変わっていく様はすごく気持ちよかった。
メリル・ストリープ とアン・ハサウェイ が綺麗で、ほえ~っと見とれたり、なんだか自分もおしゃれして街を闊歩したくなりました。

と、同時に、自分にとって、何が大切なのか、を問われてるような気もした。
仕事・恋人・家庭・趣味etc選択肢はヒトそれぞれにあって、どれを選んでも間違ってはいないと思う。
”自分”が何に重きを置くか、それを見つける事がとてもむずかしい。
日本にいると、勤勉である事が美徳とされる。
それはそれで、ひとつの選択肢。
だけど、その他の選択肢をフラットに見れない価値観が根強いように、感じたりする。
企業の中で、やるべき事とか時間に追われて生活してるからかもしれないけど。

さてさて、そんな話を一緒に見に行った友達としながらたどり着いたのは、ANATOLIA ROPPONGI

TOHO シネマズ六本木ヒルズで映画を見たから(オンラインでチケットが取れるから超便利。)、近場で・・・って事で入ってみました。
ナスのトマトソース煮ヨーグルト添え(パトルジャン シャクシュカ)と ぶどうの葉のドルマ(ヤプラック サルマ)、ラム肉と野菜の炒め物(チョバン カヴルマ)などなど。
コックさんたちはもちろんトルコ人。
自分で挑戦する時の為に覚えておきたい味ばかり!
ヴァクラバ_baklava
ラム肉の野菜炒めは結構ボリューム&濃厚な味付けのワリにぺロっと食べれたし。
どの料理もおいしい。

どっぷりトルコ料理を堪能し、旅行で覚えたトルコ語でありがとうを言ったりすると、お店のヒトもなじんでくれて、ちょっとずつ話ができた。
そして店先でクルクル回ってるドネル・ケバブを小皿に盛ってサービスしてくれたり・・・。

終いには、六本木の道案内までしてもらう始末。
私の家は六本木へのアクセスが悪いと思ってたら、店長のハシムがあれこれと教えてくれたのだ。

・・・って待てよ。私は日本でトルコ人に、道を教えてもらってる?しかも日本語で・・・。
あぁ、情けない。どうせなら、我がニッポンを教えてあげたい所なんだけど(゜ーÅ)

最後は定番スイーツ、ヴァクラバと温かいチャイを堪能。
和菓子のそこはかとない甘さ、とか、そんな繊細さは、もちろんない。
フォークをさすと、サクサクの生地の間からシロップがタラ~っと。
ヴァクラバの喉が焼けるような甘さがクセになるんだなぁ。
:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:
トルコレストラン アナトリア六本木店
ぐるなび 東京都港区六本木3-13-10 サンビル2-1F
03-5775-1151
日~木  11:00~06:00(L.O.05:30)
金・土   11:00~07:00(L.O.06:30)
定休日  なし
:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

基本のソーダブレッド

ソーダブレッド
ソーダ=重曹を使い、発酵いらずのソーダブレッド。
これはアイルランドのごく一般的な家庭で焼かれているパンだそうです。

レシピを調べると、重曹を使ってないものもあったけど、基本パターンは重曹とヨーグルト。
材料や分量に正解はないから、まずは基本形(どれが基本かも難しいケド)を作って、
そこから好みを見つけていけばいいのかも。

今回は栗原はるみさんのレシピを拝借。
ソーダブレッド
ノンオイルだから、これからの”もったりお肉”がつきやすい季節の救世主になるかもーー。
(じゃあ食べるな?そんなのムリ!)

今まで食べたことがなかったから、
どんなシロモノに焼きあがるのかちょっとドキドキ。
①材料をボールにじゃんじゃん入れて
②軽く混ぜる
③丸めて切り込みを入れる
ここまで10分。
④オーブンで30分。
なんて簡単なパンでしょう;・';・';・(゚

焼き上がりは、外はカリッカリ、中はしっとりで、ちょっと目の詰まったずっしりしたパン。

ヨーグルトが入ってる割には酸味もきつくないし、余計な甘さもない。
ジャムやスプレッドを塗ったり、暖かいスープと一緒に食べたい!

次回はレーズンや胡桃を入れたり、全粒粉で作ってみよう。
【材料】
A 薄力粉        250g
  ベイキングパウダー  小1/2
  重曹         小1/2
  塩          小1/4
  砂糖         大1
B ヨーグルト      1/2カップ
  牛乳         1/2カップ


【作り方】
①Aをボールに入れ、手でざっと混ぜる。
②AのボールにB(ヨーグルト・牛乳)を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
③手で混ぜながら、粉っぽさがなくなったらコネ終了。
④15cmくらいに丸めてクッキングシートをひいた鉄板に乗せ、てっぺんに十字の切れ目を入れる。
⑤170℃のオーブンで約35分焼く。

【ポイント】
粉はふるわなくていいけど、ざっと混ぜておく!
十字に切れ目を入れると、膨らみやすい!
レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
11 01
カテゴリ
作ってみようと思ったらポチッ♪
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログ

FC2ブログランキング

 
使えるSHOP
こだわり食材 572310.com
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。