スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔トルコレシピ〕 なすのサラダ と ヨーグルトのスープ

パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ Patlıcan İmam Bayıldı
トルコ料理ってお店で食べるものだったけど、案外簡単に作れそうだったから、お気に入り2品に挑戦してみた。
~今日のメニュー~
・なすの冷製(パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ)
・ヨーグルトとミントのスープ(ヤイラ・チョルバス)
・くるみ・あんず・イチジクのシロップ煮
なすの冷製(パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ)は、直訳すると 「お坊さんを気絶させたナス」という料理だそうです。
イスタンブールに到着後、初日の夕飯に食べた料理でもある。
ロカンタ Lokanta
←ロカンタ。@イスタンブール
ロカンタ(食堂)の定番メニュー。トルコの食堂は、お惣菜をバットに並べて、食べたいものをオーダーすると、取り分けて席に運んでくれる。
どれも美味しそうで、ついつい頼みすぎてしまう・・・!
ヨーグルトとミントのスープはカッパドキアで飲んで、「美味しいけど、これ何?」って聞いたらヨーグルトだったっていう、衝撃のスープ。
日本で作っても同じ濃厚さのデキで、我ながら大満足♪
■なすの冷製(パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ)_Patlıcan Imam Bayıldı
【材料 2人分】
なす      4本        塩      小1/2
たまねぎ   1/2個       レモン汁  少々
トマト      1個        砂糖     ひとつまみ
にんにく    ひとかけ     水       適宜
青唐辛子   1本        パセリ    適宜

【作り方】
① ナスはピーラーで縞々に皮をむき、水につけてあくを抜く。
② 玉ねぎ、トマトは粗めのみじん切り、にんにくはみじん切り、唐辛子は小口切りにしておく。
③ フライパンにオリーブオイルを少しいれ、①のなすを丸ごと入れ、弱火でやわらかくなるまでじっくりいためる。
  (なすが固いと後で具を入れにくい。)
④ 別のフライパンにオリーブオイル大1とにんにくを入れ、香りがたったら玉ねぎを入れる。
⑤ ④の玉ねぎが半透明になったら唐辛子とトマトも加え、よく炒める。
⑥ ③のなすの皮をむいた部分を縦に裂いて押し広げ、炒めた野菜をたっぷり詰める。
⑦ フライパンに⑥を並べ、ナスが半分つかるぐらいの水と塩、砂糖、レモン汁少々を加え、強火にかける。
  沸騰したら弱火にして、水分が少し残るくらいまで煮込む。
⑧ あら熱を取って、冷蔵庫で冷やす。

ヨーグルトとミントのスープ(ヤイラ・チョルバス)_Yayla Çorbası
【材料 2人分】
米           1/8カップ      バター    10g
ヨーグルト      1/2カップ      塩       少々
スープストック   1 1/2カップ     こしょう    少々
卵           1/2個         オリーブオイル 少々
薄力粉        小1
ミント         小1 
     
【作り方】
①鍋にヨーグルト・小麦粉・卵を入れ、よく混ぜる。(まだ火にかけない)
②スープストック、塩こしょう、バター、ミントと洗った米を入れて火にかける。
③弱火で20分くらい煮る。
  途中でかき混ぜると米がくっつかない。
④器に盛り、ミントとオリーブオイルをまわしかけて出来上がり。

※ 米が多いとリゾットのようになるので注意です。
  最後にかけるオリーブオイルは、フライパンでバターと唐辛子を熱したオイルをかけても美味しいようです。
  ↑未開拓。
レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙
スポンサーサイト

『ユナイテッド93』観ました。

ユナイテッド93
2001年9月11日、4機の飛行機がハイジャックされ、唯一目的地に到達する事なく、墜落したユナイテッド93便を軸に話が進んでいく。

この時期に映画化する事自体に賛否両論があったり、アメリカではクレームで予告編の内容が変更されたり、そもそものテロに疑惑があったり・・・と問題は多いようだけど、9月11日に多くの人が犠牲になった事実は忘れちゃいけない、と思い観に行った。

この映画には、エンドロールの「as himself」の多さにも分かるけど、当時関わった管制塔スタッフや軍人が実際に出演している。映画の内容も、彼らやボイスレコーダー、ハイジャックされた飛行機からの家族への通話記録をもとに作られている。(あるサイトでは、機内からかけた通信記録がまとめられている)生存者はいないから、記録がない部分はフィクションだけど、思っていた以上の衝撃で、見終わった後、震えが止まらなかった。

終わって、あんなに沈痛な空気に包まれた劇場も始めてだった。
誰も、何も言葉にしなかった。
できなかったんだと思う。

気になったのが、イスラム教が誤解されてほしくないなって事。
テロリストが、絨毯の上でお祈りをし、コーランを読み、コックピットにモスクが描かれた紙を貼って操縦するシーンがある。
イスラム教徒が過激なわけではない。仏教徒が座禅をしたり、クリスチャンが教会に通ったりするように、穏やかに教えを守ってるイスラム教徒も、沢山いる。
私の周りには、「あったり前じゃん」って言う人が多そうだけど、偏見で見る人もいるんだろーなーって思うと、イスラム圏を旅行してきたばかりな事もあって、胸が痛んだ。

公式サイト←音がでます。
上映禁止になった予告編←”幻の予告編”をクチコミしよう からどうぞ。

黒酢バー @新橋

黒酢バー
新橋の駅に黒酢バーなるものができて、評判らしいって話を会社の子に聞いて、気分転換に行ってきた。
遠くからでも分かる位、人がいる。新橋って場所柄、ヘルシー志向の女子だけじゃなくって、意外とオジサマも並んでらっしゃる。健康志向って幅広い世代に広がってるのね・・・
メニューはお酢をベースに、水割りや、りんご酢割りやブラッドオレンジシュース、豆乳で割ったものetc
なんだか、体の中がきれいになりそうなメニューが並ぶ♪

初心者の私は、まずはお酢本来の味を知るべく、黒酢&五穀酢をチョイス。
ツンとしたニオイもなくて、すごく飲みやすい。
特に、暑いこの季節は、クイッっと一気に飲み干してしまう。

でも、さすがに新橋の駅で左手を腰にクイッと・・・はイヤなので、会社まで持ち帰ることに。
歩きながら思ったのは、「どっかでもらった試飲ドリンクを持ってるみたい・・・」
色もこうだから、一層そう感じたのかもしれないけど。妙にビミョーなの。
黒酢バー_ロゴ
コップが、バーベキューとかで使うような、フツーのプラスチックのカップなのだ。
こんなかわいいロゴを活用しないなんて!これがちょいっとプリントしてあったりすると、ぐっと持ち歩きやすくなるんだけどなーー。
帰ってからHP見たら、これまたビミョー。
自分で手作りしちゃったのでしょうか?
ドリンクはすごく美味しいし、流行りそうな気もするので、ツメの甘さが残念!

でもやっぱり通ってしまいそうな気がする。
ハードが整ってて、味残念、って店が多い中で、貴重な存在だと思う。

:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*
黒酢バーJR新橋駅烏森口改札外コンコース
03-3569-1032  年中無休
営業時間 (平日) 7:00~21:00
営業時間(土日祝)8:00~19:00
:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・

マグロとアボガドのサラダ 1本勝負!

マグロとアボガトのサラダ
先日、「私を買って」オーラを発しているマグロに出会ってしまった。ただ単に私がマグロを食べたかったって見方もあるけど・・・。

そのまま食べるのはつまらないので、アボガドと和えてサラダにしちゃいました。
作りながら、どう食べるのが美味しいのか♪って考えながら、中華風とイタリアン対決をしてみることに。

中華風(奥)→塩、ごま油、ごま
イタリアン(手前)→塩、こしょう、少量のオリーブオイル、バルサミコ酢

さて、両者の対決は・・・中華風に軍配。
キリっと効かせた塩とごま油の香り、たまりません。
バルサミコはお呼びじゃないって感じ。
またの登場を考えとーーっと。

塩は、3月にベトナムに行った時に買った塩を使いました。
ベトナムといえば、ヌックマムが有名ですが、いろいろな料理に塩がついてきます。単品ではなく、レモンやナゾの粉(科学調味料?)と混ざって小皿に入っています。私は、この使い方がとても気に入り、塩が違うのでは?っと早速買ってきた次第だったのです。
ベトナム塩の魅力は、こちらにも紹介されてます!
レシピブログレシピブログに参加しています(@ゝω・)b゙

豆乳のブラマンジェ

豆乳のブラマンジェ
豆乳にハマってる第二弾。 (第1弾は ほうれん草のグラタン
これはとろりん豆乳で作った方がダンゼン美味しい。
薄いので作ると、腑ぬけたブラマンジェに
なりかねないから、要注意。

【材料】
豆乳      250cc
砂糖      大2
粉ゼラチン  5g(大2の水でふやかしておく)
クコの実

【作り方】
①鍋に豆乳・砂糖を入れ、沸騰する前に火を止める。
②水でふやかしたゼラチンを入れ、溶けるまでかき混ぜる。
③あら熱が取れたら容器に移し、冷蔵庫で固める。
④食べる時に器に盛る。

アジの南蛮漬け

アジの南蛮漬け
やっと、やっと作った南蛮漬け。
揚げるの面倒だなーとか、他のメニューに気をとられて延び延びになっていたの。
からりと揚げたアジを漬けダレに、じゅわっと入れる瞬間がたまらない!!

漬けダレにコブも一緒に入れたから、お酢のツンとした味がやわらかくなった。
たったひと手間で味ってかわるモンだねぇ。
【材料 2人分】
小あじ   4尾        水      60cc
たまねぎ 1/4個       お酢     60cc
パプリカ  1/4個       砂糖     大2
                  しょうゆ   大2
片栗粉   適宜        昆布     5cm角  

【作り方】
①漬けダレの材料を合わせておく。
②あじは、ぜいご・えら・内臓を取り、水洗いして、水気を拭く。
③両面に片栗粉をまぶして、170℃の揚げ油で8~10分、じっくりと揚げる。
④揚がったら、熱いうちに漬けダレにつける。
⑤この漬けダレの隙間にスライスしたたまねぎとパプリカも一緒に漬ける。

2時間くらいで食べられます。

ほうれん草の豆乳グラタン

ほうれん草の豆乳グラタン
私は、料理を作りすぎる習性がある。
今まで、最大4人、最小1人でしか生活したことないのに、どーして沢山作るようになったのか。
今日はグラタンを作った。暑いこの時期に、なんで、まったり濃厚なグラタンなのか。
グラタン皿を使ってないなーって、ふと浮かんだから。
作り始めて、後悔・・・重すぎる。
救いはホワイトソースを豆乳で作ったってことかしら。
北アルプスの豆乳
最近豆乳にはまってて、いろんなメーカーを飲み比べてる。さらっと飲みやすいタイプより、濃厚でトロンとしてる方が好き。
昔飲んでたのって、こんなのとかこんなのだと思ってたけど、いつの間にやら、すごい種類・・・
何種類か飲み比べた中でのお気に入りは、朝日食品工業の北アルプス豆乳
まだ調整豆乳の方は試してないから、次に買うときは、試してみよう。
豆乳パワーに関しては、バクッと「イソフラボンが体にいい」くらいしか知識はないけど、思いがけない効果が現れることを密かに期待。

Casa Vecchia @代々木上原

Casa Vecchia_前菜.jpg
以前から気になっていた代々木上原にある”Casa Vecchia”へ。
12席+この春増築した8席の計20席しかないようなので、予約をしておいた。
念には念を入れて、大正解!後から来るわ、来るわ。あっという間に満席になった。
沖縄料理って、近所のスーパーにはない材料が多くて、以外と作りにくい。
このお店の名前は、「古い家」という意味らしい。
確かに、ピカピカで洗練されて、ヒールを履いて行くっていうより、気心が知れた人と、ゆっくり美味しい料理を食べたい時に来たい、そんな雰囲気のこじんまりとした店だった。

最近、週末にゆっくりランチを食べに行くことがすごく楽しい。
その店が当たってたりすると、満足度倍増!
今日のランチは、前菜(キッシュ・野菜のマリネ・ホタテのカルパッチョ)&本日のパスタ(ホタテと枝豆のフレッシュトマト)ドルチェ(ティラミス)&カプチーノ。
夏だからなのか、しっかりした味付け。
マリネやカルパッチョもただの前菜に留まらず1つ1つが深いなーって感じる。
最近思うのは、普通に美味しいものは、その辺にたくさんある(美味しいの幅が広いせいもあって・・・)けど、作り手の想いみたいなのが伝わる、ハッする美味しいものって少ないなってコト。

エラそうな事言ってるけど、私は敏感な舌を持ってる訳じゃないし、ただ、料理がスキなだけ。だからきっと、想いがこもったモノに反応するんだと思う。
見えないモノだけに、ムズカシイけど。
Casa Vecchia_ホタテと枝豆のフレッシュトマト
Casa Vecchia_ティラミスとふわふわパン
:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*
Casa Vecchia
東京都渋谷区上原1-34-10 03-3468-4280
営業時間 12:00~14:00(L.O.)
     18:00~22:00(L.O.)
定休日  月曜
:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*

トルコ vol.2 アヤソフィア

アヤソフィアAyasofya1
トルコに行って、なぜか感銘を受けたのが、アヤソフィアだった。
アヤソフィアは、ギリシャ正教の教会として6世紀に建てられ、15世紀からモスクとして使われるようになった。

偶像崇拝を禁止しているイスラムの教えにのっとり、モザイク画の上に分厚く、漆喰が塗り固められた。
このモザイク画の存在が明らかになってからまだ100年も経っていない。
何百年もの間、モスクとして、黙って佇んでいた長い長い歴史を思うと、とても感動してしまった。

そして、今も修復され続ける、絵やモザイク。
この修復が終わる頃、私はおばあちゃんかもしれない。
もしかしたら、永遠に終わらないのかもしれない。
左が修復後、右が修復前。
修復において、この鮮やかさは当時を再現していると言われる。
修復士って言うとイタリアが浮かんでしまうけど、トルコで彼らの偉大さを、思い知るとは。

2階にせりだした行き止まりの廊下からドームを見上げた時。
「ははぁ~」気の抜ける声がでた。
何で行き止まりなんだろうと思ったら、頭上にあるドームを見上げるための造りだったって事が、一目で理解できる。
このマリア様とキリストも、漆喰で塗り固められていたなんて・・・。
日本人にはなじみが薄い信仰心と、いろんな事が起こったであろう、長い歴史と、それを乗り越えてもう一度出現したモザイク画のせいか、ノスタルジックな気持ちになった。

アヤソフィアAyasofya2
アヤソフィアAyasofya3

ロールキャベツ ~夏バージョン

ロールキャベツ

どうにもこうにも夏ばて模様。
トルコから帰ってきて、期待外れに寒梅雨が続いてる時から、あんまり食欲がない。
日ごろの旺盛さを考えればこんな時期があってもいーのかも知れないけど、食欲がないってつまらない。
今日は、ロールキャベツ。
イメージは寒い季節に暖かい部屋で食べる、なんだけど、ソースをゼラチンで固めて、熱々のロールキャベツにかけて、ちょっぴり夏の装いに仕立て上げてみた。
冷野菜のジュレ応用編ってトコ。)
味は、cyurikaっちのお土産、ベジタブルブイヨンと塩コショウ。
ゼラチンで固めてるから、ロールキャベツの熱でジュレが溶けるのが難点。
急ぎ気味で食べるか、溶けても気にせず食べるかの二者択一となった・・・・。

ロールキャベツというシロモノ。

私はしょうゆ味がマジョリティだと思っていた。
どうやら世間ではそーではないらしいって事に気づいたのが、中学の時の調理実習。
トマト味?超衝撃的だった。
ナポリタンもハンバーグもオムレツも普通に食べて育ったけど、まさかそこにギャップがあるとは。
でも、まだ初々しかった私は「違う」なんて主張もできず、平然を装ってた記憶がある。

だから、私のおふくろの味は、しょうゆ味なのだ。

トルコ vol.1 カッパドキア

トルコから帰ってきて、2週間近くたつけど、気が向いてる間はトルコ日記を書こうと思う。
カッパドキアは自然遺産と文化遺産の両方に登録されているスゴイ場所。
私たちは夜行バスで行った。イスタンブールから約10時間。
ちょっと狭いけど、寝てる間に着くから、体力さえあれば、飛行機でぴゅーっと行くより、効率的に遊べる。
今回の旅行で、座ると眠くなる病が定着した私は結構イケる移動手段だった。
ベトナムで夜行バスに乗ったときは、おかしなベトナム人に一晩中話しかけられ、散々だったけど、トルコはイスラムの国。
見知らぬ男子が隣に座ることもない。イスタンブールから離れると地平線ってコレだよねって景色が広がる。爆睡中の私に代わって友人撮影!
カッパドキア_Cappadocia1
カッパドキアの太陽は容赦なく暑く、空気も乾燥していて、イスタンブールとは気候がぜんぜん違う!
朝から、奇岩を見て歩く。遠くから眺めるだけじゃなくて、実際によじ登ったり、穴の中に入ったり。どこもかしこも地層が折り重なって、途方もない時間をかけて今の姿があるんだなって感じる。
すげーー!

翌日は気球にも乗った。
5時半集合だったんだけど、前日疲れきった私たちは、時差を考慮しないで目覚ましをかけ(時差6時間)、まんまと寝坊。
フロントからのTelで目を覚ました時の驚きは・・・思い出したくない・・・で、部屋を飛び出たから写真は、どすっぴん。(涙)

ウキウキ空を見上げてたら、隣の離陸したばかりの気球が私たちのふくらみかけバルーンに引っかかった!
気球が落ちるか、バルーンが破れるかの瞬間。

「ビリッ」

気球墜落は免れたけど、私たちのバルーンは再起不能。
結局、定員オーバーぎみの、他の気球に割り振られ、無事離陸。
命がけの大雑把ぶり。

でも、空に上がれば、
ハプニングなんて、なんのその!
美しい。
あたしってちっちゃーーい。
Blavo----!

どこまでも、青い空と、朝焼けを受けて赤く色づく奇岩たち。
1時間半があっという間に過ぎてしまった。
多分、「わー」「すごー」「きれー」以外の言葉を発してなかったと思う。

日本でも、世界でも、いろんな観光地で気球ツアーやってると思うけど、これはどこで乗っても同じ感動が味わえるものではないなーって感じた。

これから先バルーンに乗る機会はあるかもだけど、1発目でこれだけデカイもの見ちゃうと次がむずかしー。

気球を降りたら、シャンパンで乾杯!
朝から・・・。もちろん、この後朝食とって、ウフララ渓谷を半日かけてハイキング。

㊧これは、カッパドキアの洞窟ホテル。
部屋の前の共有スペースも、こんなにステキ!
カッパドキア_Cappadocia2
カッパドキア_Cappadocia3
カッパドキア_Cappadocia4

『アクロバティック 白鳥の湖』 と West Park cafe

だいぶ、更新してませんが、トルコから帰ってきて1週間が経ちました。素晴らしいトルコの旅は、新しいPCが来てから(とうとう買い替え。)ゆっくり。

さて、先日、友人と「アクロバティック 白鳥の湖」のチケットを頂いたので、一緒に見に行った。
(ホント、ヒマで良かった)
上海シティダンスカンパニーの日本公演第二弾だそうな。
最初は、ずいぶん足音のうるさい舞台だなぁと思いながら見ていたんだけど、次々と繰り広げられる見事な技の数々に気づいたら声が出ていた。
バレエとサーカスと中国雑技団の融合って感じ。
驚きの連続に感覚がマヒして、まだやるだろう、と思っていると、期待通り、おぉっと思わせる技が出てくる。
どのシーンも、期待を裏切らない、気持ちいい展開だった。

クライマックスは、白鳥が王子の頭のてっぺんで片足のポーズを決める。
思わず、息が止まる瞬間だった。
しかも、白鳥役のウ・ジェンダンは、初バレエとは思えない身のこなし。
国宝級スターって言われるのも納得だった。

いつも見る舞台は、シナリオ通り進むのが当たり前のものばかりだったから、いくら練習を積み重ねてるとはいえ、やっぱりドキドキしながら見入ってしまった。
West Park Cafe
ワクワク覚めやらぬ中、代々木公園にある、West Park cafeでランチ。
このお店は、外との壁がないから(冬は透明ビニールシート!)中にいながらオープンテラスな気分を味わえる。
場所的に、外国の方も多く住んでるから必然的にお客さんも異国情緒たっぷり。
旅先のcafe?みたいな錯覚を覚えるお店です。

週末は昼もすっごい混んでます。
West Park Cafe2
静かな街の中で、ランチbeerを頂きながら、チャイニーズチキンサラダ・トマトと鴨のパスタ。
サラダはハーフなんだけど、衝撃的なボリューム。
ちり積もる話をしながらつまんで、完食。

幸せな瞬間です。

おしゃれして、またこんな時間を過ごしたい!
*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*
WEST PARK CAFE (地図はこちらからどうぞ
東京都渋谷区本代々木町23-11 パーク代々木上原1F (03-5478-6065)
Business Hours 11:30am~11:00pm
ランチ     月~金) 11:00~ 15:00
ディナー     17:00~23:00 (ラストオーダー22:00)
ブランチ    (土・日 & 祝祭日) 10:00~ 17:00
ハッピーアワー (月~金) 17:00~ 21:00
*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*:*:.。.:*:・:*:.。.:*:・*:・*
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
カテゴリ
作ってみようと思ったらポチッ♪
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログ

FC2ブログランキング

 
使えるSHOP
こだわり食材 572310.com
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。